水漏れは水道工事で対応できる

自分の生活環境を見た時に、どこに排水を通しているかわかる人は、設計に関する仕事をしているか、水道関連に知識がある人になるでしょう。それほど稀な存在です。配管は、思っているような場所を通っていないことも珍しくありません。
床下だけではなく、天井を通っているようなケースも出てきます。自分たちにとっては天井であっても上の階にとっては床だからです。トラブルが起きた時に、簡単に解決できないようなケースのひとつでもあります。

■水漏れのトラブル

水道のトラブルとして水漏れがありますが、生活環境よりも下の位置で起きるものだと思っていると、驚いてしまうことがあります。突然天井から漏れだしてくるという事態もあるからです。雨漏りとの区別の必要もありますが、この原因も天井に配管があることが要因になっています。雨漏りとは異なり、配管の修理工事をしない限り、漏れてくる水が止まることがありません。雨漏りは、雨さえ降らなければ漏れてくることはないですから、大きな違いといえるでしょう。
水道 工事を依頼する場合にも、違いとして抑えておくことが必要です。一戸建てであっても天井部分に配管を通すことがあるため、同じようなことががあった場合の対応を考えておくとよいでしょう。

■配管は壁にもある

配管は床にあるものだと思っていると、突然壁が濡れだして、びっくりすることがあります。マンションなどでは壁に配管するような場合もあり、予期していない場所にあると突然漏れてくるように感じますが、配管は自然と劣化していくため、珍しいことではありません。判別方法にはいろいろとありますが、不自然な音がするといったときには、何かトラブルがあると考える必要があります。
少しでも異変を感じた時には、検査をするという考え方を持てば、大きな問題になってしまうことを避けられます。見えない場所であるからこそ、問題は大きくなりがちです。専門業者であれば、壁を壊さないでも検査する方法がありますから、まずは相談してみましょう。原因などの検査結果がはっきりしてから対応を考えるようにすると、スムーズに問題を解決することができるでしょう。

■まとめ
水道設備は、さまざまな場所にあり、配管も見える場所にあるとは限りません。日本では蛇口をひねれば、普通に水が出てきます。そのためには、配管が正常に機能することが前提となるでしょう。
忘れてはいけないポイントになりますから、異変を感じた時には、すぐに調査して対応できる形を取りましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ