蛇口の交換も困ったときは水道工事業者へ

水道の水漏れ箇所として考えた時に、日常生活にかかわってくるのが蛇口周りになるでしょう。水を止めている栓という意味でも、なくてはならないものです。漏れてしまうと、当然大きな問題となりますが、構造を知っていると、自分で修理できるのか、それとも工事業者に蛇口 交換を依頼するべきかどうが判断できるでしょう。無理をして失敗するのではなく、確実に復旧させることが重要です。

■大事な蛇口

蛇口は水道管につながる部品として考えるとわかりやすいでしょう。それだけ強い圧力に耐えなければいけないため、さまざまな部品が必要になってきます。組み合わせて作られているので、構造が複雑な部分もあります。消耗品もいろいろとありますが、水漏れが発生したら、まずは止水栓を締めて対応することになるります。蛇口 交換の前に圧力を下げなければいけないからです。
もしも、近くに見つからないときやわからない場合、締める工具などの問題があるときには元栓を締めてしまうのもひとつの方法です。メーターの横にあるため、確実に止めてしまうのであれば、こちらが有効でしょう。こうすることで、修理できる条件がそろいます。

■ツーバルブとワンレバー

蛇口の種類は、ツーバルブ混合栓とワンレバー混合栓の2つが中心となってきています。違いは単純にハンドルの数で判断できますが、構造的に見てみると、水量や温度の調節方法で異なる構造を持っています。複雑なのはワンハンドルのほうで、バルブカートリッジが使われているところに違いがあるでしょう。水漏れということでは、どちらもパッキンが大きな原因となっていることは間違いありません。
上部から見た時に、どうやって組み合わされているのかがわかるようになると、部品をそろえることで自分で修理することも難しくありません。ただし、蛇口ごとに部品が異なるため、外すための工具も考えておかなければいけないでしょう。ドライバーとモンキーレンチで対応できるのが一般的ですが、壊さないためにもレンチは用意しておくべきです。

■まとめ
蛇口は、水回りの中でも修理しやすいことは確かです。簡単にできることが多いですが、道具も必要ですし、構造も知っておかなければいけません。特に知識の部分は重要になりますので、わからない場合には、工事業者に依頼して交換してもらうことも必要です。
特に複雑なセンサーなどが入っている場合は、素人では判断が難しいこともありますので、無理をしない方がいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ